金融庁検査について

金融庁検査とは、簡単に説明すると銀行などで不正がされていないかの検査をするものです。この検査は非常に厳しく、どのようなものも逃さないで検査されるので、下手にこの検査で失敗すると大変なことになるでしょう。
金融庁検査は、基本的に店舗に立ち入って直に検査をします。内部の状態を検査して問題があると場合によってはその場で修正しないといけません。そのような状態になるとそこのトップは監督不行きによって非常に怒られます。もちろん、その問題になっている人も非常に怒られるでしょう。この検査ですが、厳密な金融庁検査マニュアルというのがあり、それにもとづいて検査をしています。だから、基本的に検査内容は変わりません。しかし、かなりの多くの検査項目があるので大変ですね。ちなみに、結構抜き打ちにされることが多く、仕事をしている時にいきなり来て検査をするので仕事をしている方からすると非常に面倒です。そして、これを拒むと罰則がされることになっているのですよ。だから、基本的に逆らう事はできません。
このように金融庁検査があります。実際かなり面倒な検査ですが、非常に大事な検査なので必要になるでしょう。これを受ける必要があるところは、その仕事の重さをしっかりと感じて仕事をしてくださいね。